「必ず毛が生える」と育毛ケアを4年間受けたのに効果がなかったと訴えた男性460万円で和解:【ハゲビジネス】

「必ず毛が生える」と育毛ケアを4年間受けたのに効果がなかったと訴えた男性460万円で和解:【ハゲビジネス】
新聞に掲載された大阪府内の男性会社員の薄毛の状況
上:サービス開始時 下:4年後

「必ず毛が生える」との勧誘を信じ、育毛ケアを4年間受けたのに効果がなかったとして、大阪府内の男性会社員(58)が業界最大手「毛髪クリニック リーブ21」(大阪市)
に対し、施術代や慰謝料など860万円の損害賠償を求めた訴訟が大阪地裁(平林慶一裁判官)で和解した。同社が施術代の約9割にあたる430万円の解決金を支払うことで合意した。

訴状によると、男性は01年4月、同社に「頭頂部が薄くなって久しい」と相談。担当者から「大丈夫。必ず生えてきます」「発毛には3年かかる」などと言われて契約した。高周波治療器などによる頭皮への「発毛促進サービス」を05年5月まで週1回2時間のペースで受け、施術代約490万円を支払った。サプリメントなどの補助食品も190万円分買った。しかし、実際には細い毛が少し生えただけで、男性は「頭頂部は光ったまま。効果はほとんどなかった」と主張。「必ず生える」と勧誘したことは、消費者契約法が契約を取り消せる理由に定める「断定的判断の提供」にあたると訴えた。

同社は訴訟で「必ず生えるとは言っていない。発毛に個人差があることは事前に伝えていた」と反論したが、地裁の和解勧告に従って昨年9月に和解を受け入れた。

同社の広報担当者は「発毛効果はあったと考えているが、サービスが長期に及んだことや、ご本人の強い不満を考慮した」と話している。

[朝日新聞]2008年02月05日15時01分
http://www.asahi.com/national/update/0205/OSK200802050055.html
※上記リンクはリンク切れ

https://mamono.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1202273632/
引用元:5ちゃんねる

リーブ21がどのような育毛ケアをしていたのか、詳しくはわからないが、和解金を払って和解した以上、察して知るべきである。
これは10年以上前の事件だが、このように「ハゲビジネス」は儲かるというということで参入業者はあとを絶たない。

しかしながら、現代の医学をもってしても発毛させることはかなり難しい課題であることは間違いない。

現代の発毛ビジネスの主役はAGA外来のあるクリニックへと移り、医療分野の課題となりつつある。
怪しげなサプリメントや育毛剤が中心だっのは今は昔。現代ではミノキシジルとフィナステリドという処方薬投与による薬物療法が中心となっている。もっとも必ず発毛させます!などと謳っていたリーブ21などに比べれば、医師免許を持った医者の処方のもとに発毛をすすめていくほうが安全であると言わざるを得ない。

だが、まだまだそれだけで画期的に生えるというわけにはいかないようだ。

薄毛にまつわる事件カテゴリの最新記事